検索
  • Sota Mabuchi

『嫌いです』から始まる前撮り。

「あー。写真は嫌いですね」。

初回のzoom打ち合わせで新郎さんから言われた言葉です。

どうして嫌いなのかを尋ねたら「写真を撮るとか残すとか、意味や価値がわかんない」と続けてくれました。

僕のお客さんは『撮られるのは苦手』って方がすごく多いんです。

その中でも『写真が嫌い』って方は年間で2.3名いらっしゃいます。

これはね、いいとか悪いじゃなくて、しょうがないことだと思うんですよね。

「嫌々とるくらいなら目で見といたほうがいい」とか、「どうせ見返さないから撮る意味すらない」とか。

ぶっちゃけ、共感できることもあります。

旅先の風景は目で見るほうが綺麗なこともあるし、冷めるまで頑張って撮ったホテルのディナー写真を、後から見返すことだってほとんどありません。

けど、今回は前撮りのご相談です。

写真が嫌い?残す意味がわからない?

…チャンスです。笑

このままだと〈写真なんかつまんねぇから撮らねぇぞファミリー〉が爆誕してしまいます。

それを〈写真って大事じゃん!ちゃんと撮ろうぜファミリー〉に変換できるかもしれないんです。

僕がお二人のために構えるカメラは、将来のお二人のお子さんやその先に向けるカメラでもあるんです。

当日は、本当に楽しくて幸せな時間が流れました。

みんなではしゃいで、照れてる相方をニヤニヤしながら眺めて、そっと抱いてる思いを言葉にしてもらって。

撮影終盤の後ろ姿からは、お互いへの信頼感と幸福感がしっかりと伝わってきました。

「撮られるのは我慢したとしても、それを見返したくないです。嫌いなんです」と、撮影当日の朝に言っていた新郎さんからは、涙が出ちゃうような感想をLINEでいただきました。

お二人が信じてくれて、僕なりの一生懸命でそれに応えたくて、みんなの気持ちや願いがたくさん詰まった最高の1日になりました。

僕にとって、このLINEは宝物です。








閲覧数:61回0件のコメント

最新記事

すべて表示